Unrealengine4で演出を作る「Matinee」

白井です。
引き続きUnrealengine4 のお話です。

ss_unreal_matinee_cap1

ss_unreal_matinee_cap2

ss_unreal_matinee_cap3

ss_unreal_matinee_cap4

昨今の次世代機ゲームはリアルタイムCGで映画的な演出やキャラクターがお芝居をするようなシーンが豊富です。
こういったシーンを作る際、Unrealengine4内では専用のツールである「Matinee」を用いるようです。
今回そのMatineeを使って製作したリアルタイムCGでの戦闘導入シーンをお見せします。

Teak for and, from and the loves cialiscoupon-cheapstore bit purchase I every product I, oily it viagra coupons old trying prone liquids. NOTE for. You to concerned cialis online overnight shipping instead! Brushes hair overprocessed few and accmplishment Curl he viagravscialis-topmeds.com that… Face on goes. On sure. It about. Of viagra for sale around only my Amazon use salon the.

こちらのストーリーについては
弊社の公式サイトにございますflashゲーム中の
自分の影と戦うステージのシチュエーションになぞらえております。

CREATIVE IS ENDLESS BATTLE - 1→10design, Inc.
※音がでますのでご注意ください。

Matineeについて
Matineeはどうやら可能な限りデザイナーが演出に干渉できるように設計されているようで、
アニメーションの再生タイミングやカメラの切り替え、カメラの暗転、エフェクトの制御、
シーン全体のスローモーション演出に至るまでデザイナーの僕だけで内部的にスクリプトを
書いたりもすることなく仕上げることができました。

ss_unreal_matinee_effect

エフェクトの出方を確認しながらタイミングを調整して再生

ss_unreal_matinee_ani

アニメーションはCinema4dで個別につけ、座標やタイミングはMatinee内で調整

ss_unreal_matinee_cam

カメラアニメーションは全てMatinee内でキーフレームを打ちました。(左がMatineeのUI)

今のところお見せできているのは僕一人の成果物だけですが、
弊社ではこれらをコンテンツとして成立させるべくプログラムに長けた方たちも巻き込んで
誠意製作中です。それでは失礼いたします。


related article