プロジェクションマッピングについて語る – インタラクション編 –

こんにちは、インタラクションディベロップメントグループのtsubokuraです。 前回、「プロジェクションマッピングについて語る -キャリブレーション編-」と題しまして、プロジェクションマッピングの基礎となるマッピングの解説を行いましたが、今回は「インタラクション」に着目してみます。

仮想空間 → 現実空間

cialis optimal dose プロジェクションマッピングは、デジタルの仮想空間で生成した映像を現実空間に落としてくる表現方法で、それだけでも十分面白いのですが、それだけではテレビやラジオと同じで体験者は受け身になってしまいます。 does cialis help bph

仮想空間 ⇔ 現実空間

cialis online cheap from canada そこで、今度は現実空間から仮想空間へのアクションを加える事で、インタラクティブ(双方向)な空間を作ることができ、一気に表現の幅が広がります。 pharmacy degrees in canada また、見るだけではなく、人の記憶に深く残る「体験」を生み出すので、広告製作やプロモーションを行う私達との相性も良いと言えます。 viagra online 現実空間と仮想空間をシームレスに繋ぐ事、それがプロジェクションマッピングの醍醐味で、在るべき姿だと私は思っているので、見ている人が現実なのか仮想なのか判らなくなるような不思議な体験のできる空間を作り出せればいいなと思います。 http://cialis-topstorerx.com/ そんな想いが実際の作品に反映されたのが、弊社で製作した西武園ゆうえんちの参加体感型アトラクション「ミライセンシ」だったりします。 今回は社内で実験的に制作した、インタラクティブプロジェクションマッピング作品を技術解説と共にご紹介致します。


related article