openFrameworksのプロジェクトをWindowsに移植しようと思ったらエンコードが面倒くさい

題名の通りです。 tadalafilcialis-storerx.com 面倒臭いです。 cialis by mail canada C++のコンパイラの違いによるビルドエラーがずらずらと出てくるのですが、 それは一つ一つビルド通る様に書き直すとして何より面倒くさいのが ファイルのUTF-8へのエンコード。 訳わからないビルドエラーへの対処法としてhやcppファイルを ファイル → 保存オプションの詳細設定 → エンコードを 「Unicode(UTF-8 シグネチャ付き) – best website for cialis コードページ 65001」にすると ビルドエラーがなくなるというのがある。 ty_20131105_00 Visual cialis tadalafil Studio 2012がいけてないせいでなんとこのエンコードの保存し直しを複数ファイル で一括に処理できない!っぽい、、 Flashのjsfl的にマクロかなんか用意されているんだろうと思ってググってたら どうやら Visual Studio 2011から?? かマクロが廃止にされたらしい!! 理由は「誰も使ってないから」とか・・・ cialis-topstorerx.com マジかよ!どんだけイケてないんだ!と嘆いてたんだけどなんかいろいろ調べてたら 「AutoHotkey」というのがイケてるっぽい! とりあえずココを 見ながらダウンロードして早速使う。 スクリプトはココを参考に 「Unicode(UTF-8 シグネチャ付き) – コードページ 65001」で保存するようにちょこっと変えただけ。 下のスクリプトをAutoHotkey.ahk内にコピペ! F2:: send {Alt}f send v Sleep 500 send {TAB 2} send {Down} send {PGUP 5} send {Down 1} send {Enter} send {Enter} send ^s return とりあえずVisual sildenafilviagra-rxstore.com StudioとショートカットキーがかぶらないみたいなのでF2に割り当ててみた。 あとはVisual Studio上でエンコードしたいドキュメントを開いたらF2を押すだけ。 自動でやってくれます。 おぉー便利・・・ ホントは複数ファイル一括変換できる方法があればいいんだけど、ひとつずつ手動で保存しなおすよりは 幾分か作業が早くなったからとりあえずこれで、、、


related article