岡崎プロジェクションマッピングができるまでその3「スローモーション」

こんにちはM部の白井です。 viagra for sale 前回は窓ガラスが割れるシーンについて紹介しました。 しかしプロジェクションマッピング本編ではこの映像がさらにスローモーションになっています。 http://sildenafilviagra-rxstore.com/ 今回はその作り方を紹介します。 ●フレームレート Cinema4Dでスローモーション映像を作る場合はただフレームレートを変えるだけ!とても簡単です。 それだけでダイナミクスなどの物理演算キーフレームアニメ問わず全てゆっくりになってくれます。 3DCGソフトウェアとして知られる3dsmax等では、物理演算系の計算はその都度外部ソフトウェアが起動され、そこで物理アニメーションを計算し、 3Dソフトに戻ってくる。など複雑な構造になっていたため(現在の新バージョンでは解決されているかもしれません) フレームレートを上げるだけではスローモーションアニメを作ることが出来ません。その点を考慮するとCinema4Dの時間の観念はかなり優秀です。 しかしこのフレームレート設定、設定できる箇所がいくつかあり、すこしややこしいです。 まず「ドキュメント設定」。ここでの「FPS」はフレームレートを表しており、コレを高くするだけでスローモーション映像が作れます。 スローモs1 物が壊れるだけでもスローモーションになると劇的になりますね。 しかし、ここでのフレームレートはプレビュー画面のみの話でレンダリングは別です。 レンダリング結果をスローモーションにしたい場合は「レンダリング設定」の「フレームレート」を上げなければいけません。そうすればその分のフレーム数が書き出されます。 sildenafil citrate what in liquid viagra しかし、これはCinema4D内の時間なので、たとえばmovで書き出しを行いたい場合はそこのフレームレートにも気をつけなければなりません。 それはとても大変なので連番(静止画の連続)で書き出すことをオススメします。 スローモsg3 ●連番の利点 amoxicillin 500 mg canada pharmacy 3DCGの書き出しはまず連番がオススメです。映像を直接書き出さずまず静止画の連続にすることで sildenafil dosage たとえば映像を書き出し中にエラーによってソフトウェアがシャットダウンされてしまっても映像ならば 全てやり直しですが、静止画の連続ならば落ちた寸前の続きから書き出すことが出来ます。 また、PSDファイルなどならばアルファチャンネルやライト、光沢、影の情報などを レイヤー化して保持できるため、連番で書き出しておけば後で調節する際にも便利です。 また、今回のようなケースでもスローモーションの連番を書き出して、 後でAfterEffectなどで3ofpsの動画として読み込めば、それだけでスローモーション映像として扱えます。 別のコンポジットとのフレームレートの違いで生じるエラーなども回避できるため、 このケースでも連番書き出しがオススメです。高フレームレートで書き出しを行っていれば途中まで普通の速さで、 意図したところからスローモーションにすることなども出来ます。


related article