1-10design自社サイト、3Dモックその2「少林寺」

1-10design-website-mock2-image1

少し時間が経ちましたが、以前書いた「1-10design自社サイト、3Dモックその1」の続き。

あのモックコードから少し時間が経過しまして、挑戦していたのは人体モーションでした。
格闘ゲームには人体モーションがつきもの。ですが、実装方法がまったくわかりませんでした。
フォーワードキネマティック? それとも、インバートキネマティック?
手付けでモーションを作るのか? というか、3Dモーションなんて誰が作れるんだ?

このとき、僕らが参考にしたのは先人の書籍。『バーチャファイターマニアックス』。
1-10design-website-mock2-image2

今から15年、いや20年近くも昔の本ですが、その技術的な解説はとても勉強となりました。
ご存知のように、バーチャファイターはモーションっキャプチャーを活用して開発されています。
ただし、モーションキャプチャーの導入となると、別途予算が必要となるので、判断はなかなか難しいところ・・・。

などなど考えている時期のモックがこの「少林寺」でした。
キャラクターの基本的な動きはキーフレームで指定し、関節の座標はインバートキネマティックで補完する・・・。
とやってみたものの、あんまり気持ちよくないことが発覚。
う~ん、個人的にはこのモック、気になっているんですけどねぇ(IKとかじゃなくて、少林寺がってことで)。

これらの後、チーム全体でモーションキャプチャーの方向へ向けて動くことなりました。

3D少林寺のモック
ソースコードのダウンロード


related article