ミライセンシの舞台裏 - 設計と通信 –

※下書き中 お久しぶりです。 yokoda です。 今年3月から西武園ゆうえんちで稼働中の「ミライセンシ」という体験型RPGアトラクションの制作に弊社が 関わらせて頂きました。 僕の担当はKinectを使ったメインのシステムを開発する事でした。 始めに悩んだのがどういう機材を使ってどういう通信方法を選択するか?という事。 Kinect、PC、プロジェクターの台数 企画段階から最大プレイヤー人数は3人という決定事項が有りました。 online pharmacy 1台のKinectでスケルトントラッキングできる最大人数は2人なので、1台につき1人をトラッキングさせて http://sildenafilviagra-rxstore.com/ 合計3台使う事にします。   PCの台数を5台と決めました。 natural alternatives to viagra and cialis 次の問題はそれぞれのPC間の通信に何を使うかという事です。 今回はローカルでの通信で良いので、ぱっと以下の5つの候補が考えられるかと思います。 tadalafilcialis-storerx.com ・シリアル ・Bluetooth ・TCP ・UDP buy viagra online ・RTMFP 今回はTCPでの通信を選択しました。 UDPやRTMFPでもよかったのですが ・開発期間が短い。 canadian online pharmacy ・RTMFPについて調べていないので ・リアルタイムにKinectからの深度画像や座標情報を送るのではない。 generic viagra といったくらいでしょうか。   PCの台数と通信方法・・・ほげほげーーーーーーーーーー


related article